放射性物質と安全について

安心安全とは

3・11東日本大震災以前は
農薬や中国産の野菜を避けて過ごしてきました。

 

野菜は「国産」であればすべて安心なものとして
買うことができていたあの時代がとても恋しく懐かしい思いです。

 

いまでは飲食店に「当店は国産の野菜を使用しています」と
書いてあったら逆に不安になってしまいます。
国産って、どこ産?福島?って思いませんか?

 

あの福島の原発事故以来、やはり東北や関東の野菜を国のいい加減な
基準を信じて買うということが出来なくなってしまいました。
国が「安心だから大丈夫」と言っている食品に含まれる放射性セシウムの
新基準は一般食品で1kgあたり100ベクレルと以前に比べて厳しくなったと
言われていますが、はたしてその基準値が本当に安心といえるのでしょうか?

 

絆だ、風評被害だといって、安易に口にして良いものでしょうか?

 

>健康被害は後々になってはじめて現れるものです。
毎日口にするものだからこそ、そこに妥協はしてほしくありません。

 

これから子どもを産むかもしれない女性、妊婦さん、小さなお子さんを持つ
お母さん、そしてこどもたちが口にするものに関しては、自分たちで
しっかりと選ぶ必要がある、そんな時代に、なってしまったことが
悲しいです。

 

地元のスーパーで安心な食材を手に入れることが難しい。
子どもたちに安心なものを食べさせたい。
こういう時代だからこそ、ネット通販で日本中どこにいても
安心な食材を手に入れることができるということが不幸中の幸いとも言えます。

 

そんな思いを抱えている方への参考になればと思い、宅配野菜(野菜通販)
について特に食の安全とおいしさという点を重点的に調べました。

内部被ばくとは?

宮ア駿の映画「風の谷のナウシカ」に出てくる世界。
腐海の世界。これが現在の日本の状況にとても似ています。
これからさきずっと、何十年も放射能とともに生きていかなくてはいけません。
マスコミはいまでは一切報道しません。

 

それどころか東京オリンピックにむけて、さらに安心だ安全だと
だましながら、汚染水を海に流し続けるつもりでしょうか。
本当はもっと深刻なレベルではないのでしょうか。
都内にも高濃度の汚染ホットスポットがたくさん見つかっています。
空気や水がなくては我々は生きていけないのですから、それらが
汚染されてしまったいま、わたしたちができることは何なのでしょうか。

 

とにかく、内部被ばくを避けること。
身体の中に放射性物質を入れてしまうと、体内のなかでずっと続いてしまいます。
身体の中に入った放射性物質は、人のいろんな臓器に集まって放射線を
出し続けるのです。
甲状腺は甲状腺ホルモンをつくる素材として要素が必要なのですが
天然のヨウ素と放射性ヨウ素の区別ができないので、放射性ヨウ素を
天然のヨウ素と勘違いして甲状腺に放射性ヨウ素をためこんでしまうというわけです。

 

甲状腺ホルモンはタンパク質を合成したり
細胞をつくったりと、子どもの成長に欠かせないホルモンなので
幼児や子どもが甲状腺でのヨウ素の取り込みがとても多くなります。
子どもの甲状腺に放射性ヨウ素がたまると、甲状腺がんなどといった
病気になってしまいます。

 

チェルノブイリの事故ではセシウムによる内部被ばくの実に94%が
食品からによるものでした。飲み物からが5%、呼吸による空気からは
1%でした。福島の事故も、この割合と近いと考えると、やはり口から入った
食べ物による汚染には最大限気をつけたほうが良いと言えます。

 

乳幼児や小さな子ども、そして妊婦さんには特に口にするものに
気をつける必要があると考えます。

 

この先、長いこと私たちは生きていきます。
生きている限り食べなくてはいけません。日本のいまの食の安全性について
もう一度真剣に考えて見る必要があると思います。

 

野菜だけでなく、口にするものを今はネット通販で買うことができるのが
ほんとうにせめてもの救いです。

 

何も気にしていない人は気にしていない。
でも、自分は気にする。
それだけでいいんだと思います。

 

毎日口に入れる、お米や野菜から見直していきましょう。